アメリカの車事情・車の買い方

used-cars
こっちに来て1週間で仕事が始まるので、それまでに車を探すというミッションだったんですが、無事に購入できました!

車と家さえあれば、とりあえずは生活&仕事ができる^^

アメリカでは、新車より中古車の方が人気があるらしく、中古車でも結構良い値段がします。
新車だと、購入価格と(何年後かの)売却価格との差が大きいので、いつか売ることを考えると中古車の方が良いじゃん!という考え方みたいです。
2年後に購入価格のだいたい6割で売却できる、っていうのが目安です。もちろん、走行距離&コンディションにもよりますが。)

日本だと新車がNo1!って雰囲気なので、この感覚に慣れるまでちょっと時間がかかりました。笑

ちなみに、車を探すにはびびなびLAの「乗り物売買」CarGurusがオススメのサイトです。

それぞれのpros&consは、

pros
・びびなび:日本人(のディーラー)なので細かいところまで聞ける。前のオーナーが日本人である場合が多いので、車のコンディションが割と良い。
・CarGurus:安い。選択肢が多い。

cons
・びびなび:高い。(日本語料金上乗せって感じでしょうか、、)
・CarGurus : アメリカ人(のディーラー)なので、英語で交渉する必要がある。

あと参考になるサイトとしては、Kelley Blue Bookがあります。

車の情報(車種、製造年、マイル数など)を入れると、その車の適正価格が分かります。
ディーラーから買う場合も、個人売買で購入する場合も、だいたいの目安となるのでとても良いサイトです。

わたしは大家さんから、「Kelley Blue BookのFari Valueと比べて安すぎるものは、詐欺だと思った方が良い」と言われました。
「先に振り込んで〜」と行って、そのまま逃げてしまう人もいるみたいなので。。^_^;

信頼できる人から以外は、個人売買で買わない方が得策だとは思います。個人売買で買うと安いですけどね。
いろんな人がいるみたいなので、やっぱりある程度歴史のあるディーラーとかがベストなのでは。
(日本人同士でも、結構トラブルがあるみたいです、、)

わたしは、最初はCarGurusで連絡したディーラーにいくつか行ってみました。
が、最終的にはびびなびにも載っているディーラーさんから購入しました。

両方行ってみて思ったのは、「日本語の安心感はんぱない」ってことです。笑

同じこと言われても、英語だとなぜかちょっと胡散臭く聴こえるのはなぜなんでしょう、、わたしだけかな。笑
アメリカ人のディーラーさんもみんな良い人でしたけどね!

買った後のメンテナンスも頼むことを考えると、気軽に電話できて、何かあった時に細かい状況をすぐに説明できる、と思って日本語使えるディーラーさんにしちゃいました。

ちなみに、アメリカには車検がないので、各々でメンテナンスや定期的なチェックに出す必要があります。
だいたい3ヶ月 or 3,000mileに一回ってとこでしょうか。

なので。
車検がないので、中古車選びは本当に慎重になった方が良いです。
全然メンテナンスされてこなかった車を選んでしまうと、修理費がえげつないことになってしまうので。

そういえば、こっちは、みんなものすごいスピードで運転します。
特に夜は、本当に怖いです。街灯も多くないし、頼りは車のライトだけ、って状況でみんな45mile/h(約72km/h)くらいで飛ばしていくんですよ、、信じられないです。
対向車線のライトが強くて、目がチカチカするし。。
夜はなるべく運転したくない!!怖い!

周りに合わせず、安全運転でいこう。と思います。

***

ブログ村

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です