アメリカの Cash Back サイト

アメリカには、多数のcash back siteが存在します。

そのサイトを経由してネットショッピングをすると、購入した金額の何%(ショップによって還元率は異なります)をcash backしてくれるサイトです。

私も最初は知らなかったのですが、最近roomieに教えてもらいました。

多いところだと25%(!)のcash backがあるので、何だか得した気分に。笑

アメリカはクレジットカードにもだいたいcash backがあるし、ポイント大国の日本と比べると「ポイントをあげる / くれるより、分かりやすく使いやすいcashをあげるよ / が欲しい!」という国民性なんでしょうか。

そもそも日本って現金社会だからクレジットカードのcash backよりポイントの方が利用者が多くなるのかな?どうなんだろう。

クレジット機能がないポイントカード、たくさんありますよね。(私もそれでお財布がパンパンだったな、、)

ちなみに私がよく使っているのは、TopCashBackというサイトです。

他のサイトと比較して、何より見やすい!!笑

スッキリしているので、感覚で使いやすいサイトだと思います。

何故なのか、cash back siteってごちゃごちゃしてるしているサイトが多いんですよね、、チカチカする配色とサイト内で迷子になる感じが、ドンキホーテとかビレバンを彷彿させます。笑

TopCashBackのCash Back率の一例をあげると、

  • Amazon – Up to 6%
  • Booking.com – Up to 6%
  • Hotels.com – Up to 9%
  • Expedia – Up to 12%
  • Micheal Kors – Up to 5%
  • GAP – 6%
  • CLINIQUE – 12%
  • Kiehl’s – 12%
  • TARGET – 2.25%
  • BED & BATH BEYOND – 4%
  • M.A.C – 6%

(2018年1月21日現在)

などなど、普段私が使っているサイトもだいたい網羅されているので、かなり使えます。

アメリカ在住の日本人の方は日本に帰ることも多いと思うので、Expediaで航空券を予約すればかなりCash Backされそうです^_^ ( Up to 12%なので、実際何%の還元になるのかは各々の条件によりそうですが )

だいたいお買い物日から3-4ヶ月でCash Backの記録に反映され、Cash Backが溜まったら、PayPalかACHを通して引き出せます。

ACHよりはPayPalの方が馴染みがあるし簡単そうだったので、私はいつもPaypalに溜まったCash Backを移して、そこからネットでお買い物をする際に支払いをしたりしています。

他には楽天系がやっているEBATESが個人的に気に入っています。このサイトも、分かりやすいです。

初めてこのサイトを見つけたとき、単純に「楽天ってこんなこともしてるのか!知らなかった、、すごいな〜」と思いました。笑

‘cach back site U.S.’ で検索すると結構上に出てくるので、おそらくアメリカ国内でかなり利用者は多いと思います。

私の個人的な印象だと、洋服や美容系のサイトでのcash back率はEBATESの方が高いかも。

いくつか自分のお気に入りのサイトを見つけて、比較しながら使うと良いかもしれません。

 

もしよろしければ、アメリカ生活のご参考までに。

 

***

海外生活ブログ

ブログランキング

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です