英語で書く仕事メールでよく使う3つの表現

社内メールと日本人以外のお客さんにメールをやり取りする時は基本的に英語を使うので、日常的にかなりの量の英語のメールを書いています。

この環境で、最もよく使う英語の言い回しを3つpick upしてみました。

 

1.  Could you please XXX?(XXXしてもらえますか?)

この表現は、毎日使います。社内メールでも社外向けメールでも、どちらでも使える表現です。同じレベルのスタッフや、部下に送る時は少し丁寧すぎるかと思うので、そういう時はpleaseを取って、

“Could you XXX?”

を使います。

ちなみに、プライベートな友達になると”Can you XXX?”になります。

使用頻度の高い3つをあげるとするなら、この3つかな〜というのが以下。

・Could you please confirm the attached?(添付資料を確認してください。)

・Could you please provide us the information?”(その情報を送って頂けますか?)

・Could you please let me know when you’re done?(終わったら教えてください。)

 

何かをしてもらいたい時に送るメールですが、一緒に使う表現として多いのは以下の2つです。

・I’m done for updating ZZZ.(ZZZをアップデートしました。)

・We are starting to prepare ZZZ.(ZZZ(資料等)の準備を始めるところです。)

 

2. If you have any concerns or questions, please let me know.(もし質問等があれば、教えてください。)

これも”Could you confirm XXX?”と同じメール内で本当によく使う文章です。

文末にこれ書いとけばとりあえず大丈夫、的なやつです。

上司に見てもらう資料等を送るときは、必ずつけます。

 

3. I understand. / Noted.

社内文章でよく使う二つです。「わかりました」の意味です。

これだけだとちょっと素っ気ないので、私はいつもこの後に “Thank you for forwarding AAA.(AAAの転送ありがとうございます。)”とか“I will send it to the client shortly.(すぐクライアントに送ります。)”とか付けます。

 

* ちょこちょこ使う文章の例 *

I will let you know when I’m done for preparation. (準備が終わったら連絡します。)

If you happen to have it, please let me know.(もしそれをお持ちなら、教えてください。)

It works for me.(それで大丈夫です。(仕事の納期等について自分のスケジュールを確認された時))

 

後で思い出したらちょっとずつ追記していきます^_^

 

にほんブログ村 海外生活ブログへ      

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です