メキシコ旅行 Day1 – ビザトラブルで出国できない?!

先週、8/13〜18で友人とメキシコ旅行に行ってきました。

旅程としては、ユカタン半島のリゾート地カンクンから入って、チチェンイッツァ、メリダ、メキシコシティーを回って帰国するルートです。

NYで集合して、2日間NYを観光した後でNYからカンクン行きのフライトに乗る予定だったのですが、、

実は、ビザの書類を持っていなかったために予定していたフライトに乗れませんでした…T_T

もちろんパスポートは持っていたのでビザ自体はあったのですが、Form DS2019を携帯していなかったために、航空会社Interjetのグランドスタッフに「だめだ」と言われてなす術もなく。。

出国の時の書類チェックはないはずと思ってDS2019を持って行かなかった私も悪いけど、なんか感じ悪いスタッフだったな〜、、もう絶対Interjetは利用しないです!!

通してもらえなかった理由は、出国した時がグレースピリオド中で、ビザがもうExpireしていたためです。

パスポートに貼られるビザにはグレースピリオドは含まれないので、ビザのことに詳しくない人が見ると「ん?このビザ、有効期限切れてるじゃん」って見えるんですよね〜

グランドスタッフがグレースピリオドについて知らないってどういうこと?!ていうか、グランドスタッフに出入国の決定権があるの?と思いましたが、本来ならDS2019は持っているべき書類だったのであまり強く出られず、泣く泣くフライトを見逃しました。。

必死にJ-1ビザには30日間のグレースピリオドがあると説明したんですが、Form2019を見せろと言われ、pdfならあるけどオリジナルは持っていないと言ったら、全く取り合ってくれませんでした。

友人と一緒だったし、メキシコに行ってからの旅程も決まってるので、落胆がすごかったです。苦笑

それから、とりあえずその日の分のホテルを空港の近くに予約して、スポンサー団体にこんなことがあったんだけど、と報告をしました。

スポンサー団体の担当者と話したところによると、

・アメリカ出国時にアメリカのビザを確認するなんて聞いたことがない。

・おそらく、母国(日本)以外の国に入国しようとしたせいか?

という回答で、「It’s so weird..」としきりに言っていたので、たぶん私はものすごく運が悪かったみたいです。

その時、私のForm DS2019はカリフォルニアにいる友人に預けていて、NYに送ってもらうことも考えたのですが、事情があり最短で2日後にしか手元に届かないとのことだったので、リスクを承知で次の日のjetBlueのフライトを手配しました。

結果的には、jetBlueでは何のチェックもなく、すんなりとフライトに乗れました笑

あ〜最初からjetBlueで予約しておけば良かった!!と後悔しました^^;

それから、飛行機に乗るたびにちょっとしたトラウマです。。

ビザを甘く見てました、、というか、念には念を、という準備をしない自分の性格を反省させられた出来事でした。

にほんブログ村 海外生活ブログへ      

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です