大学院生活スタートしました! – MBAで経営学博士を取得

H1Bビザ(就労ビザ)が取得できなかったので、10月からF1ビザ(学生ビザ)で学校に通っています。

大学は日本で既に卒業しているので、大学院で経営学博士を取得することにしました。

MBAと言っても、大学によって様々なカリキュラムがあり、有名な大学のコースは朝から晩までWeek dayは毎日勉強しないと追いつかないような勉強量らしいですが、私のところは有名ではない分それほどきつくもなく、結構時間的には余裕があります。

2年のコースで、合計16個のクラスを取れば卒業できるので、1Quarterにつき2-3個消化していけばすんなりと卒業できる計算です。

最初のQuarterは「ビジネス基礎」「Financial Accounting」「Research – Case Study」の3つのクラスを履修することにしました。

F1ビザを保持するためには、大学院生は1Quarterにつき2つ以上のクラスを取る必要があります。(大学生は3つか4つ?だった気がします。)

「ビジネス基礎」は4日間の短期集中コースだったので既に終了しており、今は一週間に一回だけ学校に行く生活をしています。

というのも、1Quarterにとる授業のうち、一つはOnline classでも可なので学校まで行く必要がありません。

普段はOnline classの課題をやったり、自分で受験しているU.S.CPAの勉強をしたりして過ごしています。(ほぼ毎日勉強ばっかりです、、)

この2年間が終わった時にGPAが3.0以上あるとOPTといって、1年間合法でアメリカ国内で就労する権利がもらえます。

その他にも、3Quarter目が終わった時点で約3ヶ月間だけパートタイム(週20時間まで)で合法に就労できるCPTというものもあるので、来年はそれを使って短期のインターンをしようかな、と考えています。^^

私の学校はInternational Studentsが多いので、英語が第二言語の家族や友達と離れて生活している人たちばかりで、お互いの大変さや気持ちが分かり合えている感覚があります。クラスメイトがみんな優しくてほっとしました。

一人だけ日本人がいるのは知っているですが、まだ話せていない、、

次のクラスの時にでも話しかけてみようかな〜と考え中です。

勉強は本来好きなので苦ではないんですが、5年前には想像もしなかった未来にいるな〜と面白さを感じます。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です